包茎手術

お母さんが知っておきたい子供の包茎手術

女性の多くは剥けていないペニスを見たことがありません。それもそのはずで、仮性包茎の男性なら性交の際にはきちんと剥けているはずで、真性包茎だと痛みでセックスは無理なはずです。つまり、性交の時しかペニスを見たことのない女性なら、包茎というものがいまいちピンと来ないわけです。それだけに、自分が男の子を出産すると、皮を被ったちんちんに戸惑うことになるのです。包茎という言葉は知っているから、これでいいのか? と疑問に感じるわけです。が、小さな男の子なら被っているのが普通です。無理に剥く必要はありませんし、包茎手術などもってのほかです。若いうちに包茎手術などをすると、ペニスの機能に悪影響を及ぼすことすらあるからです。基本的には、子どものペニスはそのまま成長に任せるのがよいのです。思春期になると射精があるので、剥けていないと不潔という部分もありますが、幼いうちはそのままでも特に問題はありません。つまり、包茎手術は、大人になってから本人の判断でするといいわけです。万が一無理に剥いてしまった場合も特に問題はないようですが、洗浄の際にだけ剥くようにすることと、一度剥いたら、以降はこまめに剥いた方がよいということは知っておきましょう。

仮性包茎なら包茎手術は不要かも

仮性包茎とは、勃起した際にはちゃんと剥けるが、平常時だと包皮をかぶっているというペニスを指します。日本人のうち、約70パーセントはこの仮性包茎だと言われています。それだけ仮性包茎人口が多いことで、整形美容外科は、「仮性包茎でも包茎手術をしましょう」と盛んに広告を出しています。しかし、実際のところ仮性包茎では包茎手術の必要がないという場合がほとんどです。何故なら、仮性包茎は前述のとおり、勃起した際にはちゃんと剥けるため、ペニスとしての機能は十分に果たせるためです。女性の多くは、付き合っている男性が仮性包茎であっても、それに気づくこともない、という実態すらあります。仮性包茎だと不潔、という声もありますが、剥けば剥けるわけですから、ちゃんと洗うこともできるので、不潔ということはありません。仮性包茎で包茎手術が必要になるのは、それを気にし過ぎて、コンプレックスに感じてしまった場合が最も多いようです。要するに、本人がなんとも思わなければ、仮性包茎でも包茎手術は必要ないということになります。ただ、本当に包茎手術が必要だというケースもあるようです。不安に思う人は、泌尿器科に相談してみるといいでしょう。